サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

ヴィニシウス・ジュニオール(レアル)のプレースタイル・ポジション!「今世紀最高の宝石」と評されるネイマール2世

   

ヴィニシウス・ジュニオール

2018年W杯では大げさなダイブが大きな話題となってしまったネイマール。以前からダイブが多く、なにかとファンの間では話のネタになることの多い選手ではありますが、その実力を疑う人はいないでしょう。

そんなネイマールの二世と呼ばれる選手が、今夏レアルマドリードに加入しました。

ヴィニシウス・ジュニオールは、16歳の頃からバルサやレアルが獲得争いをしてきた、まさに次世代のメッシ、ロナウドになりうる逸材。

今シーズンのプレシーズンマッチでも強豪相手にとてつもないポテンシャルを感じさせるプレーを連発。すぐに出番は多くもらえなさそうではあるけど、レアルでの活躍が楽しみです。

 

スポンサーリンク
?

 

 

プロフィール

本名:ヴィニシウス・ジョゼ・パイション・デ・オリヴェイラ・ジュニオール
国籍:ブラジル
生年月日:2000年7月12日
身長:177㎝
体重:62㎏
利き足:右足

経歴・所属クラブ

ブラジルのサッカークラブ、フランメンゴ系列のスクールで5歳のころからフットサルを習っていたヴィニシウスは、10歳になると同クラブの下部組織に加入しました。

フットサルで磨いた足元の技術を活かし、常に自分の年齢より上の枠組みでプレーをし、それでも結果を残し続けました。
特に16歳のときには国内クラブU19大会に飛び級で出場し、その中で大会ベストイレブンに選出される活躍。「今世紀最高の宝石」、「ニューネイマール」などと関係者からも絶賛を受けました。

2017年には16歳10ヶ月という若さながらフラメンゴでプロデビュー
他クラブへの移籍違約金を当初の3000万ユーロから4500万ユーロに引き上げるなど、クラブも彼の圧倒的なポテンシャルを高く評価していました。

ブラジル史上2番目の高額移籍でレアルマドリードへ

同年、バルセロナからの関心もあった中、10代の選手としては破格な4500万ユーロの移籍金でレアル・マドリードへの加入が決定。
ネイマールに次いでブラジル史上二番目に高額な移籍金だそうです。

18歳未満の国外移籍を認めないFIFAの規定により、当時16歳だったヴィニシウスの正式加入はおあずけ。規定を満たすまではフラメンゴでプレーすることになりました。

そして2018年7月、レアルの入団会見では怪物ロナウドが立ち会うなど、ブラジル国内でも将来代表を引っ張るエースとして期待されていることが伺えます。

代表でもU15世代からプレーしており、特にU17南米選手権では得点王とMVPに輝く圧巻の活躍ぶりです。

 

ポジション・プレースタイル

ポジションはネイマールと同じく左ウイングが主戦場ですが、右サイドや中央でもプレー可能です。

スポンサーリンク
?

トリッキーなドリブル

「ネイマール2世」と呼ばれること多いだけに、プレースタイルも彼に似て、足元のテクニックを生かした華麗なドリブル突破が得意な選手です。
プレシーズンマッチでは欧州トップクラスの強豪相手にも、左サイドを何度も突破するシーンが目立ちました。

シザースや、相手の頭上を越すシャペウなどトリッキーな技を多用し、いわゆる「魅せるサッカー」をするのもネイマールの若い頃に似ています。

個人技を多用し、余裕を感じさせるプレーをするので「舐めプ」と批判されることも少なくはなさそうです。持ちすぎるところも若いころのネイマールに似てると思う。

でも個人的にはこういう選手はこういう選手でやっぱりいてほしいです。プレスのきつい現代サッカーでこの感じのプレーをすること自体、簡単ではないですしね。

 

身体能力はネイマール以上

加えて身体能力も高く、フィジカル・瞬発力に優れます。スペインメディアの「AS」は、「ネイマールの現代版。かつフィジカル的には彼より強い。」と評価。

確かにネイマールは、単純なあたりの強さという意味ではフィジカルに優れる印象はないので、この点においてはネイマールをしのぐと言えるかもしれません。

一方、個人技や足元のテクに関してはまだまだネイマールのレベルにはないと思います。というかテクニックの使い方とか判断がやっぱりネイマールは抜群に上手いですよね。ヴィニシウスの場合、そのあたりはまだまだ荒削りな印象もある。

とはいえ、細かいタッチと個人技で相手を崩し、爆発的なスピードで置き去りにすることができるので、1対1ではかなり止めるのが難しい選手ですね。

 

才能故の課題も

昔のネイマールもそうでしたが、圧倒的なドリブルスキル、突破力をもつ故にボールを持ちすぎるという課題もあります。

ドリブル突破の意識が少し高すぎるので強引に仕掛けがちなのが少し気になりますね。あと自軍の危ないエリアでも抜きに行ったりとか。

ブラジルでは守備がそこまで洗練されていないのであまり苦労することが無かったかもしれませんが、プレスが激しいトップリーグでは独力突破にも限界がありますし、中央で下手な取られ方をしたらカウンターを食らって瞬く間に失点…。というリスクもあります。

レアルでこれからプレーするには、シンプルにプレーするところとボールを持つところの判断、パス精度や味方との連携など、ドリブル以外のスキルも鍛えることが必須だと思います。あとは最後の決定力がいまいち無い印象もあるので、そこも課題のひとつかも。

 

とはいえ、まだ18歳なので課題があるのは当然。むしろこの段階でこれだけの個人技を持っている選手が稀有で、評判通り「今世紀最高の宝石」なのかもしれません。

 

▼ヴィニシウス・ジュニオールの上手さが分かるプレー動画

ガブリエル・ジェズスガブリエル・バルボサなど、ネイマール2世と呼ばれる選手はこれまでにも出てきたけど、タイプ的にはこのヴィニシウスが本当にいちばんネイマールっぽさがありますね。
どこまで大成できるかは現時点ではまだ分からないけど、ポテンシャルは間違いなく高いと思うし、楽しみな選手です。

 

スポンサーリンク


?

おすすめ記事

マンチェスターシティ_ドキュメンタリー 1
マンチェスターシティのAmazonドキュメンタリー「オールオアナッシング」を観た感想・レビュー!

Amazonプライムでようやく日本語版も配信された、マンチェスターシティのドキュ ...

switch版fifa19 2
switch版「FIFA19」の感想・レビュー・評価!前作との違いは?

switch版の「FIFA19」が発売されたのでさっそく購入しやってみました。前 ...

3
おすすめのサッカー漫画ランキング10!サッカー経験者が読んでも面白い◎

サッカーが何より好きだけど、マンガを読むのもかなり好きなので、これまでサッカー漫 ...

サッカー観戦バイブル 4
サッカー観戦がもっと面白くなる!おすすめサッカー本・雑誌まとめ

サッカー本というジャンルは一般的にはメジャーではないだろうけど、意外と数が多く出 ...

 - 2列目, ドリブラー, ブラジル, ミッドフィルダー, リーガエスパニョーラ