サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

メッシも評価する逸材!アルゼンチンの爆速ウインガー・パボンのプレースタイル

      2018/09/14

パボン

圧倒的なアタッカー陣を擁しながら中堅チームに敗北したり、チーム崩壊の危機に陥るなど話題に事欠かないアルゼンチン代表ですが、またもFWのスーパースターが誕生しそうです。

名前はクリスティアン・パボン。小柄ではあるものの爆発的なスピードにのったドリブルが持ち味の選手で、世界最高の選手メッシが絶賛した程の才能とポテンシャルをもつプレイヤーです。
ロシアワールドカップでも、チーム全体が良くない中でいえば、積極的な仕掛けで好印象を見せていた選手だと思います。

現在はアルゼンチンのボカジュニアーズ所属ですが、複数の欧州ビッグクラブが獲得に関心を示しており、5大リーグで活躍する日は遠くはなさそうです。

 

スポンサーリンク
?

 

 

プロフィール

本名:クリスティアン・パボン
国籍:アルゼンチン
生年月日:1996年1月21日
身長:167㎝
体重:65㎏
利き足:右足

経歴・所属チーム

アルゼンチンの地元クラブ・CAタジェレスでサッカーを始めたパボンは2012年、16歳という若さで同クラブにてプロデビューを果たします。

初年度で19試合4ゴールとまずまずの記録を残すと、2014年からは同じくアルゼンチンのボカジュニアーズに移籍。
途中CAコロンへのローン移籍を挟むも、両クラブで安定した活躍を見せ、2017~2018シーズンには26試合に出場して6ゴール13アシストと好調ぶりをみせています。

特に2018年4月に行われたアルゼンチンリーグのタジェレス・コルドバ戦の活躍は鮮烈。驚異的なスピードとドリブルテクニックで相手DFを4人かわしてアシストを記録したプレーは各スポーツメディアで「メッシを彷彿とさせる」と絶賛されました。

 

アルゼンチン代表でも各年代でプレーしており、2017年にロシアとの親善試合でA代表デビューを果たしました。
2018年W杯でも召集され、今後のアルゼンチン代表を担う存在として非常に大きな期待が集まるところです。

 

メッシの進言でビッグクラブ移籍間近?

メッシ本人がバルセロナに対してパボンの獲得を進言したそうです。パボンのポテンシャルが非常に高いことが伺えますね。

バルセロナの他にもアーセナルが獲得に興味を示しているようで、ビッグクラブでのプレーも間近と思います。
本人はボカでのタイトル獲得を目標にしており、残留を希望しているようですが、クラブの方針次第ではというところでしょうか。
早ければ2019年冬、もしくは2019年夏の移籍市場で欧州にやってくるかもしれません。

スポンサーリンク
?

 

ポジション・プレースタイル

左右両サイドのウイングとしてのプレーがメイン。またトップ下やシャドーストライカー的に中央でプレーすることもできます。

 

スピード×テクニックのメッシばりのドリブル突破

ディフェンダー複数人を相手にも一気にぶっちぎることができるスピードとテクニックのあるドリブルが武器で、特に前方にスペースの空いているカウンター時には驚異的な突破力を見せます。
スピードで縦に突破してクロスを上げたり、上がってくる味方にお膳立てするプレーが得意な印象。

また、細かいボールタッチで抜いていくタイプのドリブルもできるので、相手に引かれている状況でも細かいドリブル切り込んでシュートまでもっていくことができます。

スペースがあれば前方にボールを蹴りだしてスピードに乗ったドリブル、相手が守備を固めていれば細かいドリブルで突破と使い分けられるのは強み。
コルドバ戦で見せた4人抜きからのアシストは、そんなパボンのスピードとテクニックの両方が融合したドリブル突破でした。

 

小柄な体格に、スピード、めちゃくちゃ速い足の回転と、ドリブルはメッシに似ているところがあると思います。
ドリブルしながらも周りがちゃんと見えていて味方を使えるところも、メッシと同じ良さだと思いますね。

 

ファーストタッチの上手さ

パボンのドリブル突破力を支えているのがファーストタッチの技術。
トラップが非常に上手く、最初のタッチだけで相手DFをかわしたり、自分に有利な状況にもっていくのが上手いです。

厳しいマークを受けていてもワンタッチで前を向いて、もしくはマークを外して自分の得意なドリブルにもっていくプレーが多いですね。

ドリブルが上手い選手でもこれができないと苦しい体勢でのプレーが多くなってしまうので、パボンは自分の武器を出す術を持っている選手といえます。

 

ロングシュートも決められる高い決定力

ドリブルによる崩しとアシストでの貢献度はもちろん、自らゴールを決めにいく決定力の高さも評価されるプレーヤーです。

サイドからカットインして自らシュートを打つプレーが多いですが、ロングシュートや角度のない位置から放つ難しいシュートもあっさり決められる、シュート技術の高い選手です。小柄だけどパンチのあるシュートを打てるパワーも持ってますね。

 

▼パボンの上手さが分かるプレー動画

ネクストメッシとして期待する声もありますが、ゲームの展開力やパスセンスなど含め、総合力ではもちろんメッシが上。一方でドリブルはたしかにメッシを思わせるところがあり、将来欧州ビッグクラブでもまれた時にどのような進化を見せてくれるのか、メッシのように世界最高クラスの選手になれるのか、楽しみな選手です。

スポンサーリンク


?

おすすめ記事

マンチェスターシティ_ドキュメンタリー 1
マンチェスターシティのAmazonドキュメンタリー「オールオアナッシング」を観た感想・レビュー!

Amazonプライムでようやく日本語版も配信された、マンチェスターシティのドキュ ...

2
おすすめのサッカー漫画ランキング10!サッカー経験者が読んでも面白い◎

サッカーが何より好きだけど、マンガを読むのもかなり好きなので、これまでサッカー漫 ...

3
サッカー観戦がもっと面白くなる!おすすめサッカー本・雑誌まとめ

サッカー本というジャンルは一般的にはメジャーではないだろうけど、意外と数が多く出 ...

GIANT KILLINGアニメ 4
無料で見れる!おすすめサッカーアニメ動画4選【Days、キャプテン翼ほか】

サッカーをテーマにした漫画は多く出ていて、個人的にも気になったものはよく読んでい ...

 - アルゼンチン, ドリブラー, フォワード