サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

高校サッカー選手権2017(第95回)に出場する、プロ内定の注目選手11人

   

sensyuken

2016年12月30日に開幕し、2017年1月9日に決勝が行われる第95回高校サッカー選手権大会

年々、平均レベルはどんどん上がってきているようにも見えるけど、今大会はすでにプロ入団が内定している選手も多く、レベルの高い試合が見られそうです。

 

ここでは、今大会に出場するメンバーの中から、現時点で卒業後のプロ入団が内定している注目の選手をまとめていきます。

※内容は、昨年の選手権でのプレーや、雑誌「高校サッカーダイジェスト 」等の情報を参考にしています。

 


スポンサーリンク
?

 

岩崎悠人(京都橘→京都サンガ)

今大会一番の注目といってもいい選手。U19代表にも選ばれていて、AFC U19選手権では日本代表の初優勝にも貢献していました。

京都橘では1年生からスタメンFWとして出場。1年のときに出場した選手権では大会優秀選手にも選ばれ、高校選抜のメンバーとしてもプレー。
早くから評価の高かった、スピード抜群のフォワードです。

卒業後は京都サンガへの入団が決定しています。

岩崎悠人(京都橘)のプレースタイルは?

 

藤川虎太朗(東福岡→ジュビロ磐田)

昨年、圧倒的な強さでインターハイと選手権の優勝を達成した東福岡で、2年生ながらスタメンで中心選手として活躍していたMF。

昨年の東福岡の試合を観ていても、良いところでどんどん前線に飛び出してくる、攻撃の上手い選手だった印象があります。

卒業後は、ジュビロ磐田への入団が決定しています。

 

高江麗央(東福岡→ガンバ大阪)

藤川虎太朗と同じく東福岡のMF。昨年の選手権では途中から控えになってしまったものの、今年のチームでは絶対的な存在になっているようです。運動量豊富で得点力も高い選手。

卒業後はガンバ大阪への入団が決定しています。

 

小田逸稀(東福岡→鹿島アントラーズ)

同じく東福岡高校から、左サイドバックでプレーしている小田。

小柄ながら、運動量豊富で強烈なシュートも持つ、攻撃的なサイドバック。

卒業後は鹿島への入団が決定しています。

 

高橋壱晟(青森山田→ジェフユナイテッド市原・千葉)

昨年の選手権でも2年生ながら活躍していたMF。

豪快な飛び出しからの得点が印象的で、昨年は中盤のポジションながら4得点。ゲームメイクと得点力に優れた選手です。

卒業後は千葉への入団が決定しています。

 

廣末陸(青森山田→FC東京)

同じく青森山田から、昨年もスタメンで選手権に出場していたGK。

U19代表にも選ばれている、足元やキックの技術に定評のある攻撃的なキーパーです。

卒業後は、FC東京への入団が決定しています。

 

高宇洋(市立船橋→ガンバ大阪)

2016年夏のインターハイ優勝を達成した市立船橋で背番号10を背負う、中盤の中心選手。

ポジションはボランチながら、突破力やシュートなど、攻撃面の能力の高さが持ち味。

卒業後は、東福岡のMF高江麗央と同じく、ガンバ大阪への入団が決定しています。

 

杉岡大暉(市立船橋→湘南ベルマーレ)

去年からスタメンでプレーしている市立船橋のディフェンスの中心選手。センターバックのほかサイドバックでもプレー可能。

卒業後は湘南への入団が決定しています。

 

原輝綺(市立船橋→アルビレックス新潟)

同じく市立船橋で、杉岡とセンターバックでコンビを組んでいる選手。

センターバック以外にも、サイドバックやボランチなど複数ポジションでプレー可能で、U19日本代表に選ばれたこともある評価の高い選手です。

卒業後は、新潟への入団が決定しています。

 

タビナス・ジェファーソン(桐光学園→川崎フロンターレ)

ガーナ人の父とフィリピン人の母を持つハーフで、ポジションは左サイドバック。

フィジカルに優れた選手が多いガーナ人の血が入っていることもあり、フィジカルを生かした攻撃参加や守備の強さに定評がある選手。

卒業後は、フロンターレへの入団が決定しています。

 

茂木秀(桐光学園→セレッソ大阪)

同じく桐光学園から、GKの茂木。身長195cmとプロでも日本人ではあまりいない高さを持つ選手。

左足からのキック精度にも定評のあるキーパーです。

 

以上、
インターハイ優勝の市立船橋と、昨年の選手権王者である東福岡は、プロ内定の選手も多く今大会も優勝候補筆頭となりそう。

特に市立船橋は、センターバック2枚がJ内定選手という、守備の強いチームなので安定感がありそうです。

ただ、前評判があまりあてにならないのも選手権の面白さだと思うので、だいぶ前になるけど乾貴士らがいた野洲高校のように旋風を巻き起こすチームも出てきてほしいですね。

 


スポンサーリンク
?

 

プレミア・リーガを全試合配信!「スポナビライブ」

>> プレミア・リーガ全試合配信!スポナビライブ公式サイト

スポンサーリンク


おすすめ記事

1
正確なロングパスや鋭いクロス!キック精度の高い現役選手ランキングTOP10

ロングパスやクロスの上手いサッカー選手と言えば、昔はベッカムやシャビアロンソ、ピ ...

2
最強のドリブラーは?ドリブルランキング現役選手TOP10! 上手すぎるボールコントロールに鳥肌

現役サッカー選手の中から、ドリブルが上手い選手のランキングTOP10を考えてみま ...

3
おすすめのサッカー漫画ランキング10!サッカー経験者が読んでも面白い◎

サッカーが何より好きだけど、マンガを読むのもかなり好きなので、これまでサッカー漫 ...

4
サッカー観戦がもっと面白くなる!おすすめサッカー本・雑誌まとめ

サッカー本というジャンルは一般的にはメジャーではないだろうけど、意外と数が多く出 ...

5
次はこいつがブレイク?10代の有望な若手サッカー選手まとめ【2017年最新】

10代でも、その国のA代表に入るような期待の逸材が多く出てくるサッカー界。 この ...

 - まとめ, 日本