サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

ピャニッチ(ユベントス)のプレースタイル・ポジションや代表歴!フリーキックは世界一?

   

pjanic

2016年夏の移籍市場で、ローマからユベントスへ移籍した、ボスニアヘルツェゴビナ代表MFピャニッチ(ピアニッチとも)

すでにセリエAでは十分実績のある選手ですが、改めてプロフィールプレースタイルなどについてまとめてみました。


スポンサーリンク
?

プロフィール

本名:ミラレム・ピャニッチ
国籍:ボスニアヘルツェゴビナ
生年月日:1990年4月2日
身長:180cm
体重:68kg
利き足:右足

ピャニッチはもともと、フランスのFCメスの下部組織に入団すると、そこからトップチームに昇格しプロデビュー。

その後、移籍したリヨンでも中心選手として活躍すると、2011年にイタリアのローマへ移籍

ローマでは、ゴールやアシストなど数字でも結果を多く残し、セリエAを代表するMFのひとりとして、国外のビッグクラブからも注目される存在に。

そんな中、2016年夏に移籍したのは、国内のユベントス。ライバルクラブへの移籍には反感の声も上がっていたようです。

 

一方、ボスニアヘルツェゴビナ代表としても、2008年から選出されプレー。

現ローマ所属のFWゼコらとともに中心選手として活躍し、自国初出場となった2014W杯にも出場していました。


スポンサーリンク
?

プレースタイル・ポジション

ピャニッチのポジションは、中盤センターで、アンカーの低い位置から、トップ下の位置までプレー可能。

特徴は、ボールコントロールの上手さと、精度の高いキック・パスセンス

サイドを大きく変えたり展開力があるのはもちろん、低い位置からでもゴール前の高い位置からでも、決定的なパスを出せる選手で、よくそこ見えてたな、と思うシーンが多くあります。

ただ、パスを出して終わりっていう感じじゃなくて、細かく柔らかいタッチのドリブルも上手くて、自分で持ち上がることもできる選手。

タイプ的には、モドリッチによりロングパスの意識も強くした選手、という感じでしょうか。

 

ユベントスでは、アンカーで起用されることもあるようだけど、個人的にはゴールに近いエリアにも上がっていく頻度が多くなるインサイドハーフのほうが良いんじゃないかと思っています。

 

また、フリーキックの名手であることも有名。特にゴール前の近い距離でのキックが抜群に上手い印象です。

関連記事)➡フリーキック現役の名手10選 2016年最新版

2015年にイギリス「whoscored.com」が発表したフリーキックの決定率のデータでは、2013-14シーズン以降の欧州5大リーグの中で、ピャニッチが1位だったようです。

ちなみにそのデータによると、ピャニッチのFK決定率は18.4%で、ほぼ5~6本に1ゴールという確率。

*ピャニッチの上手さが分かるプレー動画

年齢的にはまだまだ若いので、今後ユベントスの成績によっては世界トップクラスのMFと呼ばれるようになってもおかしくない選手だと思います。


スポンサーリンク
?

おすすめ記事

CEF7C55137FA4B14A6E46512EA157B8A 1
次はこいつがブレイク?10代の有望な若手サッカー選手まとめ【2016年最新】

10代でも、その国のA代表に入るような期待の逸材が多く出てくるサッカー界。 この ...

tokyo-japan 2
史上最強?将来有望なサッカー東京五輪世代の日本代表メンバー候補たち

2020年に東京で行われる五輪サッカー。そのとき大会に出場する資格を持つ、202 ...

3
海外サッカーで「デンベレ」が増えすぎ!所属チームと国籍(代表)をそれぞれまとめてみた

海外サッカーを見ていると、似た名前の選手や、名前の一部(ファーストネーム?)が同 ...

guardiola 4
独特すぎ?グアルディオラ監督の特徴的な戦術・規律まとめ。シティでもさっそく導入

現在マンチェスターシティの監督を務めるペップ・グアルディオラといえば、これまで多 ...

mockup-generated-by-dunnnk 5
結局どれを選ぶべき?海外サッカー試合動画の視聴サービス比較【プレミア/リーガ/ブンデス/セリエ】

海外サッカーを視聴するための動画サービスはいくつかありますが、2016-17シー ...

 - フリーキッカー, ボスニアヘルツェゴビナ, ボランチ, ミッドフィルダー