サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

ドイツの史上最年少監督!ナーゲルスマンの現役プロ選手経歴や戦術は?

   

Nagelsmann

2015-16シーズン、ブンデス史上最年少の28歳でホッフェンハイムの監督に就任した、ナーゲルスマン監督

この28歳という記録は、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)、プレミアリーグ(イングランド)、ブンデスリーガ(ドイツ)、セリエA(イタリア)のヨーロッパの主要リーグ全体で見ても史上最年少記録とのこと。

この若い青年監督の現役選手時代や、監督としての経歴・特徴などについてまとめてみました。

プロフィール

本名:ユリアン・ナーゲルスマン
国籍:ドイツ
生年月日:1987年7月23日


スポンサーリンク

?

現役プロ選手時代は?

本人も元々サッカー選手としてプレーしており、ユース時代はアウクスブルグや1860ミュンヘンなどに所属。
ポジションはディフェンダーだったようです。

その後プロ選手としては、1860ミュンヘンの2部チームに所属していたものの、度重なるケガの影響で、若干20歳にしてプロサッカー選手を引退することに。

監督としての経歴

きっかけになったのは、引退直後、当時アウグスブルグ2部の監督だったトゥヘル(現ドルトムント監督)から、スカウティングの仕事を頼まれたことだったようです。

そこから自身も監督を目指すようになり、まずは1860ミュンヘンのユースチームを指揮。すると、U-19チームの監督として優勝を達成
それが評価されて、急きょ監督が退任したホッフェンハイムトップチームの監督に抜擢されることに。

就任時、ホッフェンハイムは降格圏にいたものの、何とか持ち直し、最終的には15位とぎりぎりチームを1部残留に導きました。


スポンサーリンク

?

監督ナーゲルスマンの特徴・戦術は?

若い監督ということもあってITに長けており、練習にも最先端のIT技術を積極的に活用しているようです。

例えば、トレーニングでは、走行距離、スプリント数、最大速度、パス成功率、タッチ数、ボール奪取数などなどのデータがリアルタイムで分かる無線を選手に付けて練習を行ったりしているそう。

それによって、はっきりとしたデータで良い動きをしている選手、サボっている選手なども分かるとのこと。
かなり効果的なIT技術ではありそうなものの、まだまだトップチームの実際のトレーニングで取り入れているチームは少ないようです。

 

試合中のシステムも、3バックで開始して、試合中に相手の戦い方を見て4バックに変更するなど、ひとつの形にとらわれずに柔軟に変えていくことが多いのが特徴。

それもトレーニングで、いろんなシステムに対応できるよう練習しているため可能なようですね。

 

かなり厳しい状況での監督就任から、残留という目標を達成したナーゲルスマン監督。
来季のホッフェンハイムには期待できるかもしれません。


スポンサーリンク

?

スポンサーリンク


おすすめ記事

1
サッカー観戦がもっと面白くなる!おすすめサッカー本・雑誌まとめ

サッカー本というジャンルは一般的にはメジャーではないだろうけど、意外と数が多く出 ...

2
海外サッカー2017年夏の移籍の注目選手50人!モナコ勢に注目?レアル・バルサ入りの選手は?

毎年7~8月あたりは、海外サッカー好きにとっては、試合が無くてちょっと寂しい時期 ...

3
結果予想で試合がもっと面白くなる!サッカーくじtotoはネット購入なら24時間OK◎

サッカーの試合の勝敗予想をするサッカーくじtotoは、Jリーグだけじゃなく、いま ...

4
次はこいつがブレイク?10代の有望な若手サッカー選手まとめ【2017年最新】

10代でも、その国のA代表に入るような期待の逸材が多く出てくるサッカー界。 この ...

5
結局どれを選ぶべき?海外サッカー試合動画の視聴サービス比較【プレミア/リーガ/ブンデス/セリエ】

海外サッカーを視聴するための動画サービスはいくつかありますが、2016-17シー ...

 - 監督