サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

イタリアのピルロ2世?ロカテッリ(ミラン)のプレースタイル・ポジション!

   

locatelli

まだ18歳ながらミランで主力として活躍している、イタリア人MFロカテッリ

ミランはここ数年低迷しているものの、このロカテッリや同じく若くしてミランの正GKとなったドンナルンマもいるし、若手の有望株は育っている印象です。

ロカテッリのプロフィールプレースタイルなどについてまとめてみました。

 


スポンサーリンク
?

 

プロフィール

本名:マヌエル・ロカテッリ
国籍:イタリア
生年月日:1998年1月8日
身長:186cm
体重:75kg
利き足:右足

ロカテッリは、ミランの下部組織出身で、2016年に18歳にしてトップチームデビューした、クラブ生え抜きの選手。

デビュー以降、同ポジションのモントリーボの怪我などもありチャンスを掴み、スタメン出場する試合が多くなっています。

 

また代表でも、ユース世代のイタリア代表に選ばれプレー。

ミランのチームメイトであるドンナルンマが早くもA代表に選ばれたように、ロカテッリもこのままの調子でミランで目立つ活躍を見せていれば、近いうちにA代表選出もあるかもしれません。

 


スポンサーリンク
?

 

プレースタイル・ポジション

ロカテッリのポジションは、中盤センターの低い位置で、アンカーもしくはインサイドハーフ。16-17シーズンのミランでは、中盤3枚のアンカーを務めています。

 

特徴は、ボールコントロールとパスの上手さで、中盤の底からゲームを作る司令塔タイプ

ディフェンスラインの中央まで降りていってボールを受け、そこからショートパスを散らしてリズムを作ったり、裏へ抜ける味方に大きなロングパスを通すのが得意なプレー。

 

年齢的には若いけど落ち着いていて周りが良く見えているし、技術も高く簡単にボールを失わない。
また視野が広く、特に中距離~長距離のパスは左右どちらの足でも精度が高い。

タイプ的には、イタリアの大先輩であるピルロに近いプレースタイルといえると思います。

 

ピルロとタイプ的にちょっと違うのは、ロカテッリのほうはより前への推進力もあるところでしょうか。
積極的に前線へ上がっていく場面もあり、またダイナミックなミドルシュートも持っています。

一方ピルロの場合は、特に晩年は基本的に自分はあまり広範囲を動かず、すべてパスによってゲームをコントロールしているような印象でした。まあそれができるのが凄いところですが。

 

また、守備面でもまだ若干線の細さは感じるものの、身体を張ったタックルなど泥臭くいくこともでき、司令塔としてだけでなくディフェンスでも貢献できる選手です。

*ロカテッリの上手さが分かるプレー動画

ミラン同様にイタリア代表もここ数年はいまいちパッとしない印象だったけど、このミランのロカテッリやドンナルンマなど、若く有望な選手が少しずつ出てきているため、今後世代交代が上手く進めば、また強いミランとイタリア代表が観られるようになるかもしれません。

 


スポンサーリンク
?

 

おすすめ記事

CEF7C55137FA4B14A6E46512EA157B8A 1
次はこいつがブレイク?10代の有望な若手サッカー選手まとめ【2016年最新】

10代でも、その国のA代表に入るような期待の逸材が多く出てくるサッカー界。 この ...

tokyo-japan 2
史上最強?将来有望なサッカー東京五輪世代の日本代表メンバー候補たち

2020年に東京で行われる五輪サッカー。そのとき大会に出場する資格を持つ、202 ...

3
海外サッカーで「デンベレ」が増えすぎ!所属チームと国籍(代表)をそれぞれまとめてみた

海外サッカーを見ていると、似た名前の選手や、名前の一部(ファーストネーム?)が同 ...

guardiola 4
独特すぎ?グアルディオラ監督の特徴的な戦術・規律まとめ。シティでもさっそく導入

現在マンチェスターシティの監督を務めるペップ・グアルディオラといえば、これまで多 ...

mockup-generated-by-dunnnk 5
結局どれを選ぶべき?海外サッカー試合動画の視聴サービス比較【プレミア/リーガ/ブンデス/セリエ】

海外サッカーを視聴するための動画サービスはいくつかありますが、2016-17シー ...

 - イタリア, ボランチ, ミッドフィルダー