サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

グリーン(シュツットガルト)の国籍やプレースタイル・ポジション!

      2017/09/16

julian green

バイエルンミュンヘン所属の若手FWユリアン・グリーン。(追記:2016-17シーズン冬の移籍で、シュツットガルトへの完全移籍が決定)

2016-17シーズン開幕前のプレシーズンではほとんどの試合に出場して、点も多く決めている、アンチェロッティ監督の評価も高い選手だと思います。

プロフィールやプレースタイルなどについてまとめてみました。


スポンサーリンク
?

プロフィール

本名:ユリアン・ウェズリー・グリーン
国籍:アメリカ
生年月日:1995年6月6日
身長:172cm
体重:70kg
利き足:右足

グリーンは、もともとはアメリカで生まれたものの、幼い頃にドイツへ移住。
14歳からバイエルンミュンヘンの下部組織に入り、そして2014年にトップチームへの昇格が決定しました。

 

ただ、層が厚いトップチームではなかなか出場機会はなく、ハンブルガーへレンタル移籍。

そんなグリーンも、2016-17シーズンからようやくトップチームでも出番が増えてきそうです。

もともとレバンドフスキ以外にセンターフォワードの選手がいないこともあり、プレシーズンの活躍ぶりを見れば、まあ2番手になってしまうとは思うものの、戦力として考えられていると思います。

 

代表は、ユース世代ではドイツ代表としてプレーしてきていたものの、A代表はアメリカ代表を選択しており、2014W杯にも出場していました。

 

≪追記≫
2016-17シーズン冬の移籍で、シュツットガルトへの完全移籍が決定しました。

 


スポンサーリンク
?

プレースタイル・ポジション

ポジションは、センターフォワード、もしくはウイングも可能。
というよりもともとはウイング中心で、スピードのあるドリブル突破やカットインからのシュート・クロスというのが得意なプレーだったようです。

 

ただ、ゴール前でのポジショニング、クロスに合わせるようなストライカーとしてのプレーも上手く、プレシーズンのインテル戦ではハットトリックも決めていました。

ゴール以外でも、相手よりも一歩前に出て合わせるシーンが多かった印象。

 

一方、レバンドフスキのように縦パスを受けてがっちり収めるようなプレーは、わりと潰されることも多くそこまで得意ではないようです。

センターフォワードのポジションに入っても、サイドに流れてボールを受けたりすることも多く、レバンドフスキとはまたタイプは違いますね。

バイエルンのセンターフォワードの2番手を狙うのであれば、そのボールを上手く収めるところっていうのは課題のひとつになるかもしれません。

 

ただ、豪華な攻撃陣の中でもコンビネーションもスムーズで、ゴール以外の面でも上手くはまっていた印象だったので、評価は高いと思います。

*グリーンの2016-17プレシーズンのプレー動画(対インテル戦)

以上、今後のバイエルンで主力選手の1人になっていきそうなFWグリーンについてでした。


スポンサーリンク
?

プレミア・リーガを全試合配信!「スポナビライブ」

>> プレミア・リーガ全試合配信!スポナビライブ公式サイト

スポンサーリンク


おすすめ記事

1
正確なロングパスや鋭いクロス!キック精度の高い現役選手ランキングTOP10

ロングパスやクロスの上手いサッカー選手と言えば、昔はベッカムやシャビアロンソ、ピ ...

2
最強のドリブラーは?ドリブルランキング現役選手TOP10! 上手すぎるボールコントロールに鳥肌

現役サッカー選手の中から、ドリブルが上手い選手のランキングTOP10を考えてみま ...

3
おすすめのサッカー漫画ランキング10!サッカー経験者が読んでも面白い◎

サッカーが何より好きだけど、マンガを読むのもかなり好きなので、これまでサッカー漫 ...

4
サッカー観戦がもっと面白くなる!おすすめサッカー本・雑誌まとめ

サッカー本というジャンルは一般的にはメジャーではないだろうけど、意外と数が多く出 ...

5
次はこいつがブレイク?10代の有望な若手サッカー選手まとめ【2017年最新】

10代でも、その国のA代表に入るような期待の逸材が多く出てくるサッカー界。 この ...

 - アメリカ, フォワード, ブンデス