サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

イグアイン(ユベントス)のプレースタイル・特徴や得点成績は?ストライカーとして万能タイプ

   

2016-17シーズンからユベントスに新加入した、アルゼンチン代表FWイグアイン

100億円を超える移籍金や、ナポリから同じリーグのライバルチームへの移籍ということなどで炎上したりもしたものの、シーズンが始まれば圧倒的な得点力で周囲を黙らせる結果を残しています。

そんなイグアインのプロフィールプレースタイルなどについて、改めてまとめてみました。

 

プロフィール

本名:ゴンサロ・ヘラルド・イグアイン
国籍:アルゼンチン
生年月日:1987年12月10日
身長:184cm
体重:82kg
利き足:右足

イグアインはもともと、自国アルゼンチンの名門リーベルプレートのユースからトップチームに昇格すると、10代ながら主力選手として得点も多く上げる活躍。

そして、それに早くから目を付けたレアルマドリードが2006-07シーズンに獲得

 

レアルマドリードでは、さすがに最初はなかなか出番がなかったものの、途中出場から結果を残し続け、徐々にスタメンで出る機会が増加。

モウリーニョが監督に就任した2010年頃からはベンゼマよりも序列は上で、ワントップのスタメンとして活躍していました。

ただ、イグアインの怪我による離脱期間にベンゼマが覚醒したように活躍し始めると、序列は入れ替わり、復帰後もベンゼマがワントップのファーストチョイスに。

結果、スタメンで出られるチームを求めて、2013-14シーズンからセリエAのナポリへ加入

 

ナポリではスタメンで出場できるようになると、さすがの得点力を発揮。
特に、2015-16シーズンには、セリエAの新記録となるリーグ36得点を記録し得点王を獲得

その活躍から、2016年夏の移籍市場で王者ユベントスに9000万ユーロというクラブ史上最高額の移籍金で移籍。ライバルチームであるユベントスへの移籍に、ナポリのサポーターはけっこう荒れたりもしていましたね。


スポンサーリンク
?

 

イグアインの得点記録 過去8シーズンの成績

過去をさかのぼって見てみると、イグアインは2008年以降は毎年2桁得点を記録。20点を超えているシーズンも多く、ここまで安定して点を量産できるというのは、まさにワールドクラスのストライカーといっていいと思います。

以下、2008-09シーズン以降の得点成績です↓

  • 2008-2009 リーグ22得点(レアルマドリード)
  • 2009-2010 リーグ27得点(レアルマドリード)
  • 2010-2011 リーグ10得点(レアルマドリード)
  • 2011-2012 リーグ22得点(レアルマドリード)
  • 2012-2013 リーグ16得点(レアルマドリード)
  • 2013-2014 リーグ17得点(ナポリ)
  • 2014-2015 リーグ18得点(ナポリ)
  • 2015-2016 リーグ36得点(ナポリ)

スポンサーリンク
?

プレースタイル・ポジション

イグアインは、過去にはウイングやトップ下などのポジションでもプレーしていたこともあったけど、レアルマドリードでスタメンで活躍するようになって以降は基本的にセンターフォワードのみ。

 

タイプ的には、昔はもっと中盤に下がってきてボールを受けたりというプレーも多かった印象だけど、現在は完全にストライカーという感じで、ゴール前のフィニッシュのシーンで力を発揮する選手になっています。

ミドルシュートの精度は高いし、クロスに合わせるのも上手く、トラップや反転などシュートに持っていくための技術も高い、フィニッシュに関しては本当に万能という感じ。

 

中でも特に得意なのは、ディフェンスラインの裏への飛び出しで、狭いスペースでもスルーパスに抜け出してGKとの1対1を決めるという得点が多い印象。

ディフェンスとの駆け引きも含めて、抜け出し方はかなり上手いと思います。
体格的にはどっしりしてる感じだけど、スピードもあるし。

 

シュート技術も高く、GKとの1対1ではチップで浮かして決めたり、浮き球をアクロバティックなボレーシュートで決めたりという得点もあるし、シュートも左右どちらの足でも精度は高い。

 

あとは、やっぱり多少強引にでも自分でシュートを打ちにいくところは、ストライカーという感じがしますね。

周りにフリーの選手がいても自分が打てれば自分でシュートにいくし、それでも本当に決めてしまって結果を残すから、大きな批判も起こりづらいんだと思います。

*イグアインの2015-16シーズン全38ゴール動画

新加入したユベントスでも、早くも得点を量産。ディバラとのアルゼンチン2トップはバランスもかなり良さそうです。

ユベントスは全体的にレベルの高い選手が揃っているし、セリエAはもちろん、チャンピオンズリーグでもどこまで結果が残せるか楽しみなところ。

あとは、マンチェスターシティのアグエロもそうだけど、アルゼンチン代表でのプレーがイグアインはいまいちなことが多いので、今後は代表でも結果を残したいところかなと思います。


スポンサーリンク
?

おすすめ記事

CEF7C55137FA4B14A6E46512EA157B8A 1
次はこいつがブレイク?10代の有望な若手サッカー選手まとめ【2016年最新】

10代でも、その国のA代表に入るような期待の逸材が多く出てくるサッカー界。 この ...

tokyo-japan 2
史上最強?将来有望なサッカー東京五輪世代の日本代表メンバー候補たち

2020年に東京で行われる五輪サッカー。そのとき大会に出場する資格を持つ、202 ...

3
海外サッカーで「デンベレ」が増えすぎ!所属チームと国籍(代表)をそれぞれまとめてみた

海外サッカーを見ていると、似た名前の選手や、名前の一部(ファーストネーム?)が同 ...

guardiola 4
独特すぎ?グアルディオラ監督の特徴的な戦術・規律まとめ。シティでもさっそく導入

現在マンチェスターシティの監督を務めるペップ・グアルディオラといえば、これまで多 ...

mockup-generated-by-dunnnk 5
結局どれを選ぶべき?海外サッカー試合動画の視聴サービス比較【プレミア/リーガ/ブンデス/セリエ】

海外サッカーを視聴するための動画サービスはいくつかありますが、2016-17シー ...

 - アルゼンチン, フォワード