サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

ドリブル鋭すぎ!ダグラス・コスタ(ユベントス)のプレースタイル・ポジション!

      2017/08/04

現在バイエルンミュンヘンでプレーするブラジル代表MFダグラス・コスタ(ドウグラス・コスタ?)。(追記:2017年夏の移籍市場で、ユベントスへのレンタル移籍が決定)

2016-17シーズンは、アンチェロッティ監督のもとリベリ―・ロッベンの控えにまわる機会が多いものの、ドリブルのキレは凄まじい選手です。

プロフィールプレースタイル移籍の噂などについてまとめてみました。

 


スポンサーリンク
?

 

プロフィール

本名:ダグラス・コスタ・デ・ソウザ
国籍:ブラジル
生年月日:1990年9月14日
身長:172cm
体重:65kg
利き足:左足

体重は65kgとなってるけど、もっとありそうに見えますね。身長は低めだけどかなりどっしりしてるしフィジカル的にも強い印象。

 

コスタはもともと、ブラジルのグレミオの下部組織出身で、そこからトップチームに昇格してプロデビュー。

その後、2010年にウクライナのシャフタールへ移籍。シャフタールは本当に若い有能なブラジル人を多く獲得してますよね。

シャフタールでは、リーグ4連覇を達成したり、チャンピオンズリーグでも目立つ活躍を見せていました。

 

そこからビッグクラブの注目も集まるようになり、2015年にバイエルンへ移籍

当時のグアルディオラ監督のもと、開幕戦からスタメン出場すると圧倒的な活躍を見せて、リーグ前半戦の選手が選ぶMVPにも選出されていました。

1年目はリーグ優勝、さらにチャンピオンズリーグベスト4まで進んだバイエルンの完全に主力。

 

また、ブラジル代表では、2014年にA代表デビュー。最近はケガで離脱することが多かった印象だけど、現在のブラジル代表メンバーを見ると、コスタは今後もしばらく主力として活躍していく選手だと思います。

 

プレースタイル・ポジション

ポジションは、左サイドもしくは右サイドのアタッカー

グアルディオラがバイエルンの監督だったときは、試合によってはインサイドハーフで起用されたりもしていたし、全般的に技術も高いから中央でも問題なくやれるけど、本来はやっぱり現代ではわりと希少になりがちな純粋なウイングらしいウイングの選手だと思います。

 

もともとは、ロナウジーニョ2世とかロビーニョ2世とかいわれていたみたいだけど、個人的にはその2人にはあんまり似てないと思いますね。

たしかに、たまにエラシコ使ったりトリッキーなフェイントとかボールコントロールを見せることもあるけど、基本的にドグラスコスタの良さは、キレのある力強いドリブル突破だと思います。

 

スピードに乗ったドリブルはもちろん、チームがポゼッションで相手を押し込んだところからでも、多少強引にでも1対1を仕掛けて突破できる。

単純なスピードもあるけど、それよりも一瞬のキレと馬力があるドリブルという感じ。重心が低くて簡単に当たり負けすることもない。

とにかくサイドで勝負させれば高い確率でクロスやシュートまで持っていけるし、簡単にバックパスするシーンは少ない、見ていて気持ちいい選手ですね。

 

縦への突破が上手いので同足の左サイドのほうが良いようにも思えるけど、チームのスタイルなどによっては右サイドでも十分輝くと思います。パンチのあるシュートも持ってるしカットインも上手い。

*ダグラスコスタの上手さが分かるプレー動画

 


スポンサーリンク
?

 

ダグラスコスタはシティorユベントスor中国へ移籍?

加入1年目は、リベリ・ロッベンらが相変わらずケガが多かったこともあり、ほとんどの試合でスタメンで出場し中心選手として活躍していたドグラスコスタ。

ただ、2016-17シーズンは、アンチェロッティ監督がリベリ―・ロッベンを優先して起用している感じで、コスタは控えにまわることも多い。

そんな状況もあって、コスタには移籍の噂がたびたび上がっています。

 

特にいま噂が上がっているのは、グアルディオラ監督のいるマンチェスターシティや、ユベントス、またはお金のある中国のクラブあたり。

ただ、マンチェスターシティはアーセナルからサンチェスを獲得するという噂もあるし、その場合はコスタまで獲ることはないでしょう。いまサネやスターリングらも活躍しているところだし。

ユベントスは、最近4-2-3-1気味のシステムを使っていて、さらにサイドには本職ではないマンジュキッチを起用したりしてるので、コスタが入ればピッタリハマる気もしますね。

 

あとは、中国っていうのは無いと思われ。いくらお金が良いといっても、このバイエルンからまだまだやれる年齢で移籍するっていうのは可能性が低いんじゃないかと思います。
まあオスカルみたいな例もあるんで分からないですが。

 

あとは、バイエルンもリベリ―・ロッベンはケガも多いし年齢的にも高くなってきてるから、いまは優先して使っているとはいえ、コスタには残ってほしいはず。次の移籍市場でリベリ―・ロッベンに動きがあるかもしれないし、その場合はコスタが残留する可能性は高そう。

まあとりあえず、チャンピオンズリーグでも観たいので、中国移籍っていうのはやめてほしいですね。それ以外だったらシティ、ユベントス、バイエルンとどこでプレーしても面白そう。

 

≪追記≫
2017年夏の移籍市場で、ユベントスへのレンタル移籍が決定しました。
レンタル期間は2年で、詳細な条件などは不明なものの買い取り義務付きのようです。

バイエルンとしてはちょっともったいない気がするけど、意外とあっさり出した感じでしたね。本人の希望が強かったのかな?

 

 


スポンサーリンク
?

 

プレミア・リーガを全試合配信!「スポナビライブ」

>> プレミア・リーガ全試合配信!スポナビライブ公式サイト

スポンサーリンク


おすすめ記事

1
正確なロングパスや鋭いクロス!キック精度の高い現役選手ランキングTOP10

ロングパスやクロスの上手いサッカー選手と言えば、昔はベッカムやシャビアロンソ、ピ ...

2
最強のドリブラーは?ドリブルランキング現役選手TOP10! 上手すぎるボールコントロールに鳥肌

現役サッカー選手の中から、ドリブルが上手い選手のランキングTOP10を考えてみま ...

3
おすすめのサッカー漫画ランキング10!サッカー経験者が読んでも面白い◎

サッカーが何より好きだけど、マンガを読むのもかなり好きなので、これまでサッカー漫 ...

4
サッカー観戦がもっと面白くなる!おすすめサッカー本・雑誌まとめ

サッカー本というジャンルは一般的にはメジャーではないだろうけど、意外と数が多く出 ...

5
次はこいつがブレイク?10代の有望な若手サッカー選手まとめ【2017年最新】

10代でも、その国のA代表に入るような期待の逸材が多く出てくるサッカー界。 この ...

 - 2列目, セリエA, ドリブラー, ブラジル, ミッドフィルダー