サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

ペロッティ(ローマ)のプレースタイル・ポジション!ドリブルが上手い南米らしいアタッカー

   

diego-perotti

現在ローマでプレーしている、アルゼンチン人MFディエゴ・ペロッティ

スピードとテクニックのあるアタッカーで、ローマでは攻撃の中心選手として活躍しています。

プロフィールプレースタイルなどについてまとめてみました。

 


スポンサーリンク
?

 

プロフィール

本名:ディエゴ・ペロッティ
国籍:アルゼンチン
生年月日:1988年7月26日
身長:179cm
体重:70kg
利き足:右足

もともとアルゼンチンのボカジュニアーズのユースなどでプレーしていたペロッティは、デポルティボ・モロンというクラブからトップチームに昇格しプロデビュー。

 

その後、スペインのセビージャにスカウトされ完全移籍。Bチームからプレーすることになったセビージャでは、一時はトップチームでも活躍していたものの、度重なるケガもありだんだんと出番を失うと、古巣となるボカジュニアーズやセリエAのジェノアなどにレンタル移籍。

ちなみにこの時期には引退することも考えていたと、後にコメントしていました。

しかし、そのレンタル先のジェノアで活躍を見せると、同じイタリア国内のローマへ移籍
ローマでは、攻撃の中心としてチャンピオンズリーグなどでも目立つ活躍を見せていました。

 

アルゼンチン代表にも、これまで数回呼ばれていたことはあったけど、なかなか定着するまでには至らずという感じです。

 


スポンサーリンク
?

 

プレースタイル・ポジション

ポジションは、いちばん得意なのは左サイドのアタッカーで、ローマでは3トップの左右ウイングのほかゼロトップ気味に中央に入ることも。また、3バックのシステムのときには、ウイングバックでもプレーしています。

 

特徴は、細かいタッチ・ステップとスピードを生かしたドリブル

サイドでボールを持ったらどんどん仕掛けていくし、特に最近は中にカットインする選手が多い中、左右どっちのサイドでも縦に突破できるところは魅力だと思います。

サイドを深くえぐってそこからのチャンスメイク、というのが得意なプレー。

 

若干ボールを持ちすぎな感はあるものの、まあドリブラーにとってはある意味それは付きものともいえるかも。

ドリブラーにはわりとありがちだけど、プレーするチームによってだいぶ評価も変わるタイプの選手だと思います。そういう意味で、ローマはかなり相性が良かったのかなと。

*ペロッティの上手さが分かるプレー動画

それぞれ特徴は少しずつ違うとはいえ、スピードのあるドリブラーっていうアルゼンチンにはわりと多い感じのタイプなので、アルゼンチン代表に選ばれてプレーするのは今後もなかなか難しそう。特にアルゼンチンは前線の層は厚すぎるので。
ただ、まだ20代だしローマではまだまだ長く活躍できそうです。

 


スポンサーリンク
?

 

おすすめ記事

CEF7C55137FA4B14A6E46512EA157B8A 1
次はこいつがブレイク?10代の有望な若手サッカー選手まとめ【2016年最新】

10代でも、その国のA代表に入るような期待の逸材が多く出てくるサッカー界。 この ...

tokyo-japan 2
史上最強?将来有望なサッカー東京五輪世代の日本代表メンバー候補たち

2020年に東京で行われる五輪サッカー。そのとき大会に出場する資格を持つ、202 ...

3
海外サッカーで「デンベレ」が増えすぎ!所属チームと国籍(代表)をそれぞれまとめてみた

海外サッカーを見ていると、似た名前の選手や、名前の一部(ファーストネーム?)が同 ...

guardiola 4
独特すぎ?グアルディオラ監督の特徴的な戦術・規律まとめ。シティでもさっそく導入

現在マンチェスターシティの監督を務めるペップ・グアルディオラといえば、これまで多 ...

mockup-generated-by-dunnnk 5
結局どれを選ぶべき?海外サッカー試合動画の視聴サービス比較【プレミア/リーガ/ブンデス/セリエ】

海外サッカーを視聴するための動画サービスはいくつかありますが、2016-17シー ...

 - 2列目, アルゼンチン, ドリブラー, ミッドフィルダー