サッカー選手wiki|プロフィールやプレースタイル紹介

 サッカー選手のプロフィールやプレースタイルを紹介

コクラン(アーセナル)のプレースタイル・ポジション!ベンゲルも高評価の守備職人

   

coquelin

現在アーセナルでプレーしているフランス人MFコクラン

アーセナルにはあまりいない守備に特化したタイプの選手で、データにもはっきり表れるほどアーセナルのディフェンスに貢献しています。

コクランのプロフィールプレースタイルなどについてまとめてみました。

 


スポンサーリンク
?

 

プロフィール

本名:フランシス・コクラン
国籍:フランス
生年月日:1991年5月13日
身長:178cm
体重:73kg
利き足:右足

もともと、フランスのブルニーラヴァルというクラブのユースでプレーしていたコクランは、2008年にアーセナルの下部組織に移籍

その後、トップチームに昇格を果たすものの、アーセナルではなかなか出場機会を得られず、フランスのロリアン、ドイツのフライブルク、イングランド2部のチャールトンとレンタル移籍。

 

そして、2014-15シーズン途中頃からようやくアーセナルで主力としてプレーできるように。

中盤の層が厚くなった現在のチームでもベンゲル監督の評価は高いようで、スタメン出場する試合が多くなっています。

 

代表では、フランスのユース各世代の代表に選出されプレー。
2010年のU19欧州選手権では優勝も経験しています。

フランスA代表には現時点ではまだ未招集。

 


スポンサーリンク
?

 

プレースタイル・ポジション

コクランのポジションは、中盤の守備的な位置で、過去にはサイドバックでプレーした経験も。

 

特徴は、アーセナルではちょっと珍しい?守備に特化したタイプ

ボールテクニックやパスも一定以上の上手さはあるものの、意識としてはほとんどが守備に向けられている感じで、特にスライディングからのボール奪取がかなり上手い。

俊敏性もありフィジカルも強く、球際に強く激しくチェックにいける上、身長はそれほど大きくないものの空中戦の競り合いも得意。

また、読みも鋭くパスカットをするシーンや、味方の空いたスペースを埋める意識も高い。

 

アーセナルは、数シーズン前までは中盤の低い位置でもテクニカルな選手を起用しがちで、中盤の守備に緩いところがあったものの、いまはそれを上手く引き締めていると思います。

中盤で泥臭い仕事ができる、貴重な選手だと思います。

実際、コクランがいるときといないときでは、アーセナルの1試合平均の失点数は0.5点も変わるというデータもあるようです。

 

*コクランのディフェンスの上手さが分かるプレー動画

総合力の高いエルネニーやジャカも加入して、コクランはスタメン落ちするかもと思っていたけど、いまだにスタメン起用される試合が多いのは、やっぱりベンゲルもプレミアリーグを戦っていく上でこういう選手の重要性を感じているんだと思います。

 


スポンサーリンク
?

 

おすすめ記事

CEF7C55137FA4B14A6E46512EA157B8A 1
次はこいつがブレイク?10代の有望な若手サッカー選手まとめ【2016年最新】

10代でも、その国のA代表に入るような期待の逸材が多く出てくるサッカー界。 この ...

tokyo-japan 2
史上最強?将来有望なサッカー東京五輪世代の日本代表メンバー候補たち

2020年に東京で行われる五輪サッカー。そのとき大会に出場する資格を持つ、202 ...

3
海外サッカーで「デンベレ」が増えすぎ!所属チームと国籍(代表)をそれぞれまとめてみた

海外サッカーを見ていると、似た名前の選手や、名前の一部(ファーストネーム?)が同 ...

guardiola 4
独特すぎ?グアルディオラ監督の特徴的な戦術・規律まとめ。シティでもさっそく導入

現在マンチェスターシティの監督を務めるペップ・グアルディオラといえば、これまで多 ...

mockup-generated-by-dunnnk 5
結局どれを選ぶべき?海外サッカー試合動画の視聴サービス比較【プレミア/リーガ/ブンデス/セリエ】

海外サッカーを視聴するための動画サービスはいくつかありますが、2016-17シー ...

 - フランス, ボランチ, ミッドフィルダー